大活躍のインデラルであがり症による失敗はもう二度とない

あがり症について

あがり症とは人前で話したり、立場の高い人と話す時など特定の状況に応じて不安他緊張を感じてしまい心拍数があがり心臓がどきどきしてしまう事です。
通常だれでもイレギュラーなことに対してドキドキしたりするとは思われますがその度合いが人によって異なります。
あがり症の場合、イレギュラーなことに対して赤面したり、手足が震える、はっきりしゃべれないなど通常とかけ離れた症状が出てしまう事を指します。
どうしてこのように人によって度合いが変わってしまうのでしょうか。
その原因のひとつに思い込みというものがあります。
自分で自分をマインドコントロールしてしまい、人前に出て発表する=(イコール)失敗したら大変なことになる。
などと、先の失敗を考えてしまい、余計緊張させてしまうのです。
あがり症の症状がひどい方は、手足が震えてまわりからも気付かれてしまうときもあります。
思い込みがひどいと中々改善しにくく、症状は悪化してしまうばかりです。
日常生活において支障は少ないですが、社会において大変不便となってきます。
目上の人や立場の高い人と話す時も緊張してしまうと仕事に支障をきたしてしまいます。
一度の失敗が原因でトラウマとなり、あがってしまうかたもいます。
重度の場合、異性と話すことさえできなくなりコミュニケーションがとれなくなってしまうのです。
解決方法は様々ありますが、まず人前に立つのが苦手な方はその行動に対して慣れる必要があります。
しかし、何回も人目に立ったけど、毎回緊張していたという方もいます。
その場合な慣れる事よりもまず、根本的な考え方を変えなくてはなりません。
他の人は大丈夫なのに、自分はダメなことはないのです。
失敗したらどうしようと考える前にまず失敗しないためにはどうしようと考えましょう。
予測不安は、ないものに不安を感じたりしているので、そんなもったいないことはありません。
あがり症に対して即効性を求めているのであれば、治療薬を服用する事をお勧めします。
心拍数を抑える治療薬を服用することで、ドキドキを抑えることができます。
作用時間は3時間から4時間ほどですので大事なスピーチの時などは大活躍なこと間違いないでしょう。